ゲーム

至福の無限ループRPG!ドラゴンエイジ:インクイジション(Dragon Age: Inquisition)をレビュー!

main_dragonage

今年2回目の「気がついたら日が暮れていた」を経験をさせてくれた、ゲームに出会いました。

1度目はVitaの「実況パワフルプロ野球2014」に収録されている栄光ナインモード。

そして今回出会ったのが「ドラゴンエイジ:インクイジション(Dragon Age: Inquisition)」。

もちろん他にも面白いゲームはあったんですが、気が付くと2時間以上持って行かれていたゲームは上記2つだけ。

4gamerに【これぞ王道! BioWareが放つ「ドラゴンエイジ:インクイジション」は,冬の夜長にはもってこいの「満漢全席」なアクションRPGだ】という記事がありました。

■満漢全席とは
選りすぐったメニューを取りそろえて宴席に出す宴会様式である。

ま、満漢全席のゲームとな?中華一番(漫画)フリークでゲーマーの僕にとって「満漢全席」+「ゲーム」のキーワードはちょっと抗い難い響きを持っています。

タイトルをつけた人のセンスに脱帽しつつ、PC版をダウンロード購入し気が付くと夜中の2時でした…。

買うか見送るか迷っている人に言える事は確実に買い!

PR

それぞれのモード

「ドラゴンエイジ:インクイジション(Dragon Age: Inquisition)」にはオンライン、オフライン2つのモードが実装されていて、それぞれ操作するキャラクターは別物となっており、同期されていません。

オン、オフそれぞれのモードで装備を手に入れ、レベル上げをし、キャラクターを強化していく事になります。

オフラインモード

off_dragonage

オフラインモードは重厚なストーリーを背景にファンタジーワールドを、歩き回りながらメインのストーリーを追っていくも良し、クエストをこなして回り道をするも良し、といった海外のRPG(Oblivion等)によく見るコンテンツ。

フィールドは完全なオープンワールドではなく、エリアによって分けられていますが、エリアの1つ1つがとてつもなく広い。クエスト等をこなすと「影響力」が手に入り、この影響力を使用して任意のエリアを開放していく形で物語が進んでいきます。

開放したエリアのマップを開いてみると、最初は黒く塗りつぶされていますが、探索することで黒塗りの部分が徐々になくなっていき、地図が完成します。

エリア内に点在するキャンプを開放すると、今いる場所から地図に記されたキャンプにワープすることができるので、エリアが広すぎてストレスを感じる事もありません。

序盤のハイライト

盗賊のアジトを殲滅するとキャンプとして開放されるクエストがあり、このクエストをクリアしてアジトでセーブし、その日は終了しました。

次の日、アジトの前に広がる森を抜け海岸線へ出ると、ドラゴンと巨人が激しい戦闘を繰り広げていました。

序盤なので絶対倒せないんだろうな、と思いつつも近寄ってみると、ドラゴンは海の向こうへ飛び去って行き、残された巨人と目が会いました。

蛇に睨まれたカエルのごとく、固まっていると巨人はおもむろに足元から岩の塊を持ち上げ、こちらに向かってドーン!

即死でした。が、この瞬間マジで買ってよかったなーと。

オンラインモード

on_dragonage

オンラインモードは4人が集まり、道中敵を倒しながらダンジョンの奥に辿り着きボスを殲滅する、1回15分~20分程度のCoop型のコンテンツ。

僕はオフラインモード目当てで購入したんですが、難しいと評判のオンラインモードが予想以上に面白い。プレイ時間はオンオフ丁度半分づつくらいだと思われます。

レベルの概念があり、レベルを上げて手に入るスキルポイントを使用して、スキルツリーを自分の好みの形で開放していきながら、装備を集めていく…あれ、これなんてDiablo?

Coopモードを一周すると、リザルト画面でパーティー一人ひとりの戦績(キル数等)が評価され、経験値とお金が手にはいります。

手に入れたお金を使ってショップから宝箱を購入することができ、宝箱の中身はランダムとなっています。

ソーシャルゲームのガチャガチャをゲームをプレーして集めたお金を使って回し、レアな装備をゲットする、というのが一連の流れになっています。※ちなみにリアルマネーを投入することもできます

装備には「レア度」が設定されていて、ノーマル装備よりもレア装備、レア装備よりもユニーク装備という感じの設定になっているため、よりいい装備を手に入れるためまたCoopに挑むといった流れになります。

ダガー ダガー ダガー

この文字色にそわそわしちゃった人…いい酒が飲めそうですな;)

僕は運良くユニーク武器を初期の段階で手に入れられたのですが、その破壊力たるや抜群で、発売直後ということもあり、リザルト画面では常に上位に居座り、パーティー内で僕ちゃん無双状態になっています。

ここまで語っておいてアレなんですが、このオンラインモード単体で面白いか、と言われると面白くなくはないけど、オンラインモード単体ではちょっと弱いかな、というのが正直な感想です。

一番の魅力

魅力充分のオフラインモードをプレーしていて、世界観を追うのに少し疲れて、ちょっと休憩しようかなという時、全く違うゲーム性(1週20分程度)のオンラインモードをプレーするんですね。

充分お金と経験値も貯まったし、Coopもちょっと疲れてきたなぁ、という時。まったりと重厚なストーリーをお委託なるんですね。で、ちょっと疲れてくると…

あれ?これなんて無限ループ!?

オンライン、オフラインを交互にプレーしている時に幸せというか、ゲームに対するカタルシスをもっとも強く感じられる、今までにないゲームです。

1粒で2度おいしいだけじゃなく、1粒を交互に味わって超おいしい的な。

この冬、じっくり腰を据えてやりたいゲームを探している人は間違いなく買いのゲームです:)

Windows対応コントローラー

キーボードとマウスでプレーする場合、著しく操作性がさがるので個人的にはコントローラー必須!

Playstation Xbox

この記事をシェアする

前の記事
次の記事

コメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

この記事と関連性の高い記事