ゲーム

ファイアーエ厶ブレムif「白夜/暗夜王国」おすすめはどっち-違いを解説-

ファイアーエムブレムif

2015年6月25日に3DSで発売される「ファイアーエムブレムif」ですが、「白夜王国」「暗夜王国」「フルプライス版」と3つのパッケージが存在します。

3つのパッケージといっても、どうせ少しだけストーリーが違うくらいの差でしょ?と思っていたんですが、これが大間違い。ストーリーの5/6が異なる上に、ゲームシステムまで全く異なるという情報が。

ダウンロードコンテンツとして配信が予告されている「第3のストーリー」を含め、それぞれ3つパッケージが前作「ファイアーエムブレム覚醒」と同程度のボリュームが各コンテンツにあるという事です。

ざっくりまとめると1つの物語を違った角度で切り出して、3つのストーリー、システム、難易度でそれぞれパッケージにしました、という感じ。

正直「if」に全く期待をしていませんでしたが、開発者インタビューを読んだ正直な感想を言いますと、神ゲー臭がハンパない。

恐らくですがパッケージ毎の違いを知らずに、白夜、暗夜の雰因気(好み)で購入してしまうと、後悔する可能性が高いと思われます。

どんな違いがあるのか、開発者インタビューの見逃せない発言など、詳しくまとめてみましたので、よろしければご一読下さい。

PR

正直期待してなかった「if」

ファイアーエムブレムif 白夜/暗夜王国 違い

ゲームキューブもゲームボーイアドバンスも、ファイアーエムブレムのために買いました。ファイアーエムブレム大好きおっさんゲーマーです。

前作「ファイアーエムブレム覚醒」は面白かったんですが、正直あまりのめり込めませんでした。

仲間を育てる楽しさと、仲間を失う怖さからフリーバトルでレベルを上げまくって、本編に行くと、レベルが上がりすぎているために難易度が激減している、あの感じ。

最初は好きなだけレベルを上げられるなんてココは天国?なんて思っていたんですが、難易度の下がってしまった本編に違和感を覚え、やがて違和感は悟りとなって賢者タイムが訪れた時、ああこれじゃないって気がついてしまったんです。

で今回「ファイアーエムブレムif」が発表された時、絵柄が前回と同じ感じだったので、今後も覚醒路線でいくのかなと思い、いつもの新作発表みたいにワクワクしてなかったんですね。

プレスリリースを見たら追い打ちをかけるように「白夜王国」と「暗夜王国」の2つのパッケージで発売!

さらに追加でダウンロードコンテンツ(2,000円)として、白夜にも暗夜にも所属しない第3のストーリーが…みたいな事が書かれていたんですわ。

率直に言って「ああ、ファイアーエムブレム終わった\(^o^)/」そう思いました。

裕木奈江「楽しみだなー、ファイアーエムブレム(白目)」

新作が出るのは嬉しいし、購入するのは確定なんですが、なんかワクワクしない。暗夜?白夜?白が好きか黒が好きか。ただそれだけの問題でしょ。どっちでもいいよ、みたいな。

発売日はなんとなく覚えていて、そろそろ近づいてきたなぁー、なんてぼんやり思っている程度で積極的に「ファイアーエムブレムif」の情報を取りに行くことはしていませんでした。

ところがどっこい!

開発者インタビューが4gamerに掲載されていたので、読んでみたら神ゲーのにおいを感じるではありませんか。

ってか、これは発売日を指折り数えてしまいますわ。開発者インタビューを読み終えた瞬間、フルパッケージ版の購入が確定しました!

開発者インタビュー

何が僕の意見を180度変え、ブログを書かせるほどの熱量を与えたのでしょうか。

開発者インタビューを抜粋しつつ、ココがやばいよ「ファイヤエンブレムif」と題して個人的な意見を書いていきたいと思います。

「ファイアーエムブレム」のこれまでとこれから。ファミコン時代の開発秘話から最新作「ファイアーエムブレムif」までを制作陣に聞く – 4Gamer.net
「ファイアーエムブレム」のこれまでとこれから。ファミコン時代の開発秘話から最新作「ファイアーエムブレムif」までを制作陣に聞く – 4Gamer.net

白夜王国と暗夜王国

白夜王国は,覚醒から入れられたファンの方や,もちろんこれから始める方にも安心してプレイしていただける作品を目指しました。

覚醒におけるフリーマップと同様のシステムが搭載されており,思い入れのある味方をどんどん成長させていけるんです。

一方の暗夜王国は,白夜王国のような稼ぎプレイはできず,限られた軍資金と経験値で攻略を進めていくことになるため,難度も高めです。でもその分,攻略したときの達成感も大きなものになるはずです。

クリア条件も,敵将軍撃破や敵全滅はもちろんですが,制圧,突破,拠点防衛やターン制限マップ等多彩です。

ということはですよ。覚醒のシステムが好きだった人は白夜王国を買えば、前作と同じシステムで新作「ファイアーエムブレムif」を楽しむことができる。

僕のように覚醒のシステムに馴染めなかったユーザーは暗夜王国を買うことで、従来のシステムで新作「ファイアーエムブレムif」を楽しむことができる。

第3のルートは難易度的に白夜と暗夜の丁度中間ということが書かれていたので、システム的にも両者の良い所どりになりそうな予感。

ゴクッ・・・。

白夜/暗夜 ストーリーの違い

白夜王国と暗夜王国は,一つの話を無理矢理に分割したようなものではありません。導入部こそ共通していますが,それ以外のほとんどの部分,つまり全体の5/6位はまったく異なる物語です。

我々がやりたかったのは分割することではなく,「どちらの側に味方するか」という選択から生まれる,プレイヤーさんそれぞれの「if」(もしも)の物語なんです。

「生まれ故郷につくか」「育ての国につくか」という選択に加え,三つめのルートまで考えてくださったんです。

そして,三つのルートそれぞれが,FE1本分のボリュームになっています。

覚醒が出たあと,少し期間が空いてしまったのは,3本分のボリュームを作ろうとしていたからなんです。

なんかもう、汚い目でみてしまっていてすいませんでした!荒んでいたのは、ダウンロードコンテンツ(覚醒含む)や拡張パックに過剰反応してしまう、僕の心でした。

「白夜/暗夜/第3のルート」それぞれのコンテンツが覚醒1本分に匹敵すると書かれています。

正直、開発側がこんなに真摯に開発に取り組んでいたなんて思いもしませんでした。

片方のルートだけでも充分ご満足いただけますから,興味の湧いたものを遊んでみてください。

そのうえで,もう片方を見てみたくなったら,そのときはぜひ遊んでほしいですね。片方のルートを知っているからこそ,もう一方が深くなりますから。

1つの物語を3つの側面から見せてくれて、さらにそれぞれのパッケージで異なる3つのシステム。

1つのコンテンツでも前作同様のボリューム感があり満足感も十分あるけど、複数を絡めあうとさらに奥深い人間関係やストーリーが楽しめる。しかもそれがファイアーエムブレムとう型に収まっていると。

こんなのファンなら期待しないほうがおかしいっすよ

まとめると

白夜/暗夜王国のパッケージは第3のストーリーが配信され次第、ダウンロードコンテンツとして購入可能。

フルプライス版は白夜/暗夜/第3のストーリー全てが入っていてTotalでお得という感じ。

難易度:白夜王国 <<< 第3のストーリー <<< 暗夜王国

白夜王国がおすすめなのはこんな人

  • 前作「ファイヤエンブレム覚醒」が好きな人
  • 初めてファイアーエムブレムをプレーする人
  • サクサク物語を楽しみたい人
  • 無制限にキャラを強化したい人
  • 好きなキャラ無双したい人

暗夜王国がおすすめなのはこんな人

  • 歴代のファイアーエムブレムのシステムが好きだった人
  • 熟練のファイアーエムブレムプレーヤー
  • 1ターン、1ターン、パラメーターを観てダメージの計算をしながら時間をかけて攻略するのが好きな人
  • 有限である資源(経験値/お金)をうんうん唸りながらやりくりしたい人
  • レベルアップの時、アップするパラメーターに一喜一憂したい人

フルプライス版

  • ファイアーエムブレムファン
  • ifを骨までしゃぶりつくしたい人
  • コケることを恐れない人
  • 細々追加コンテンツを買うのが面倒くさいお金持ち
  • 神ゲー臭を感じている人

この記事をシェアする

前の記事
次の記事

コメント

  1. ((エイ より:

    迷ってます(´๑•_•๑)
    ゲームは大好きです!!
    ファイアーエンブレムをプレイするのは初めてです
    この手のシステムのゲームでは、よく金欠になり詰みます。
    記事を読ませていただいた限り、白夜王国いいと思うのですが。
    暗夜のキャラクターにゾッコンです。
    どっちを買えば楽しめるでしょうか?
    ちなみに、コツコツ育成は苦手です(╥﹏╥)

    • Junk より:

      コメントありがとうございます。

      この手のゲームで、金欠で詰みになることがよくあると言うことなので、フリーバトルでお金と経験値が入る、白夜をまずはプレーしてみるのがいいんじゃないでしょうか。

      敵として描かれる大好きな暗夜のキャラを、クリア後、操作するのも一興だと思います(‘∀`)
      ※追加で2000円かかるのですが。

      序盤をハードモードで遊んだ感じ、しっかり歯ごたえもあるので、白夜もヌルすぎるということはないように思います。

      ファイアーエンブレムはわりと硬派なゲームシステムが人気を博したゲームなので、そういった意味でも、まずは白夜プレーして、気に入れば暗夜というのが無難だと思いますよ!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

この記事と関連性の高い記事