漫画/マンガ

【クレイモア/CLAYMORE】漫画レビュー/感想


クレイモア/CLAYMORE メイン画像

PR

設定

ここに書いてしまうとネタバレになってしまう事は省いています。

ざっくりとした概要

中世ヨーロッパ的な世界観のダークファンタジー。
組織からの依頼を受けクレイモアである、主人公のクレアは妖魔を討伐していく。

古より人が妖魔に食われる存在であったこの世界。
人は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいた・・・。
だが人は半人半妖の女戦士を生み出した・・・。
妖魔の正体を見極める銀眼と背負いし大剣を武器に人々にあだなす妖魔と戦い続けるクレイモアと呼ばれる女戦士達。

いつ果てるとも知れない妖魔との戦いのなか、戦士クレアは旅の途中、妖魔に家族を殺されたラキと行動を共にすることになる。そして・・・。

クレイモア

ある組織に属している47人の女戦士。例外なく武器としてクレイモア(スコットランドで用いられた大剣の名称)を使用するため、人々からクレイモアと呼ばれる。

  • 1番~47番までのナンバーがそれぞれに割り当てられ、上位のナンバーを持つものほど強い。欠番が出ると補充される。
  • 妖魔の肉体を埋め込まれており、人間を凌駕する身体能力を持っている。
  • ナンバーを持つ戦士達は、各々が特殊な能力を持っている。
  • 組織の受ける妖魔退治の依頼をこなす

妖魔

CLAYMORE/クレイモア 妖魔/覚醒者/深淵の者

  • 人間の臓物を食料としている
  • 殺した人間に擬態することで集落や町に潜み、さらなる食料を求めて跋扈している

覚醒者

  • ある一定以上の妖力開放を行い、妖力が暴走したクレイモアが覚醒してしまった姿。
  • 覚醒する前の能力が大きく反映されるため、一般的に実力のある上位ナンバーの者ほど強い覚醒者になる。
  • 人間らしい思考を失い、妖魔と同じく人間の臓物を欲するようになる。
  • 力は妖魔の比ではない。(妖魔の討伐はクレイモアが1人であたる場合が多いが、覚醒者の討伐には原則として4人1組のチームであたる)

深淵の者

  • クレイモアの中でも一番実力のある、ナンバー1が覚醒してしまうと、覚醒者の中でも桁違いの力を持つ深淵の者と呼ばれる覚醒者になる。
  • 北のイースレイ、南のルシエラ、西のリフル。この3体が大陸の覇権を争っている。

26巻まで一気に読んでみた感想

非常によく設定が練られていて面白かったし、次巻以降の続きが気になります。

よく練られたストーリー

この手の少年漫画にありがちな、物語が進むにつれ強さがインフレしていき、興をそがれるといったことが今のところありません(26巻時点)。

もちろん主人公は強くなっていくんだけど、「○○を倒すためにパワーアップするぞー!うぉぉぉお!ドギャーン!やったぜ!」的なパワーアップではなくて、物語の構想時点で予め決まっていて、伏線を回収しながらストーリが進んでいく過程で、物語を破綻させることなく、強くなっていくといった感じ。

詳しく書いてしまうとネタバレになってしまうので、この辺りは是非読んで確かめてほしいです:)

設定がしっかりしている

登場人物が多いにも関わらず、一人一人キャラのバックグラウンドがしっかりしていて、戦う理由や、生きるための信念、といった事がしっかり描かれている上に、よく練られたストーリーがテンポよく絡んでくるので、グイグイ読んでしまう。

残念だったところ

白髪の女戦士ということで、設定上ある程度仕方ない部分でもありますが、47人の女戦士が世代交代を繰り返しながら、入れ替わり立ち代わり現れるため、顔と名前が一致しないことが多かったです。

戦士一人ひとりの特殊能力などはよく考えられていて、特徴付けはうまくいっているのに、顔がほとんど同じように見えるため、特殊能力を繰り出して初めて、おぉあいつか!と言ったことが何回かありました。

繰り返し読むことで解決できると思いますが、初めて読む人はこのあたりを意識しといて損はないと思います:)

レビューまとめ

正直そこまで期待せずに読み始めたのですが、序盤から物語の展開がうまくて、テンポもいいのでグイグイ読んでしまいました。

主人公のクレア視点だけでなく、様々な角度から物語が描かれており、仲間も死にます。キャラの設定が練られているため、いつの間にか味方キャラに感情移入しているので、覚醒者との戦いの場面では、みんな死なないでくれ、とハラハラしながら読めました。

かなりの数のマンガを読んでいますが、確実にある一定の水準を超えていて自信を持っておすすめできるマンガです。設定に惹かれるものがあった方は是非読んでみてください。Amazonレビューの評価も高めなので参考にするといいかもしれません:)

単行本(コミック)

Kindle版

この記事をシェアする

前の記事
次の記事

コメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

この記事と関連性の高い記事