ゲーム

俺屍2をモードによる縛りを加え、攻略していく日記【祭具0】

俺屍2攻略日記 その1

錨を上げよ、帆を張れ、Junk一族

パッチ1.03がついにあたったので、俺屍2を1から始めたいと思います。前回、データが消えてしまいましたが、一族の無念は僕の中に知識として生きているので、今回これをいかしながら攻略していきたいと思います。

関連記事:神パッチの予感!俺屍2【1.03パッチ】を解析してみる

攻略を始めるにあたり、ある程度方向性を決めておこうと思います。

PR

モード選択

しっかりモードとどっぷりモードを季節毎(3か月)に切り替える変則的なルールで攻略を開始。

※しばらく遊んでみたところ、モードと月が固定になることに気がついたので、3ヶ月毎に「しっかり→じっくり→どっぷり」を3ヶ月毎に切り替えて攻略していきたいと思います。

この縛りを思いついた時、しっかりモードの時にガンガンダンジョンをクリアすればいいんでは?的な事を考えていたのですが、しっかりの後にじっくり、どっぷりモードがやってくるので、何も考えずに祭具奪還や攻略していると詰むか可能性があります。※俺屍2では攻略が進むにしたがって、敵が強くなっていきます

この事に気がついた時、ちょっとワクワクしちゃいました。敵の強さが変わっていくので、同じダンジョンに潜っても3ヶ月毎に敵の強さが違ってくるうえに、モードの切り替わりによる敵の強さを考慮に入れつつ、ゲームを進めなければいけないことで、マンネリ防止に大きく役に立ちそうなきがしました。

職業

前回選択した初期職業

拳闘士
薙刀士
踊り屋

今回選択した初期職業

剣士
薙刀士
大筒士

前回どっぷりモードでプレーしていた時、中盤以降踊り屋の通常攻撃が火力不足できつかった。薙刀士も1発で雑魚敵を倒すのに苦労していた記憶があります。

しっかりモード、じっくりモード、どっぷりモードを切り替えながら、モードによるこのあたりの変化を見ていき、それぞれのモードで輝く職業、輝かない職業を見極めたいと思います。

※当主(剣士)は固定で、後の3枠を状況に応じてローテーションさせる。

初期ダンジョン

前回の初期ダンジョン

氷結道
竜宮渡り

今回の初期ダンジョン

天衝くどん
氷結道

できれば、どっぷり時代に戦勝点稼ぎでお世話になっていた「焔獄道」か「根の子参り」があると良かったなぁ(´・ω・`)
1年目の1ヶ月目、2ヶ月目で両方のダンジョンに潜ったところ、「天衝くどん:戦勝点704点」「氷結道:戦勝点474点」となりました。

氷結道の敵配置が非常に悪く、カギを手に入れるまでは氷結道に潜らないだろうなぁ。カギが手に入っても潜らないだろうなぁ。なんで氷結道が初期ダンジョンに絶対登場するのかなぁ。

投資の方針

■雑貨屋(区画数:12/128)
雑貨屋に発展度5まで投資し、祝いの鈴が店に並ぶ状態にする
コメントに「祝いの鈴あります」的なことを書いて、他家との交流が捗るようにする♥

■薬屋(区画数:7/128)
薬屋に発展度4まで投資し、東方淫羊根(健康度21~25回復)が店に並ぶ状態にする。
健康度がきついようであれば、随時投資していく

■武器/防具屋
特注武器、防具を1つずつ序盤に作成するためそれぞれ発展度2まで投資する
一族の職業が固まり次第、随時投資を行い特注武器、防具を増やしていく

■神社(状況に応じて/123)
どこまで投資していいのか一番迷う神社。状況を見ながら投資する予定です。どこに投資するか迷った場合は全て神社に投資したいと思います。

■その他の施設
投資しません。もしかしたら温泉に1くらい投資するかもしれませんが、基本捨てていこうと思います。

1年目間遊んでみた感想

あまりPTでの能力に差がつかないよう、同じように1年目の3月、4月、5月をそれぞれしっかり、じっくり、どっぷりでプレーしてみた結果、獲得できた戦勝点は下記のようになりました。

モード ダンジョン 戦勝点
しっかり(3月) 天衝くどん 1076点
じっくり(4月) 天衝くどん 1247点(ルーレットで2倍が多く揃った印象)
どっぷり(5月) 天衝くどん 1155点

また、先頭は一族AIに全ておまかせして「武器攻撃のみ」で行っています。

オート戦闘に関してはこちらの記事をお読みください:それでも面白い俺屍2!おすすめしたい遊び方

しっかり→じっくり

序盤だからか、敵の強さはそこまで変わらない印象。薙刀士、大筒士共にどくろ大将を含むザコ敵を1撃で撃破できる感じです。

じっくり→どっぷり

ここもどくろ大将含めザコ敵を1撃で撃破できました。どっぷりにそこまでキツイ印象はまだ抱かない感じです。

百鬼祭り前の期間に黄川人からもらえる助言はじっくり、どっぷり共に同じものでした。

そうだなぁ…6月までに出撃隊の体力200。このへんを目標に鍛えたらどうだい

祭具の奪還をした後にそれぞれのモードの特徴が色濃く出てくる事になりそうですね。

経験値についてもそれぞれのモードで大きな差はありませんでした。中盤以降、薙刀士や大筒士が一撃で敵を撃破できないことが増えてくるはずなので、ここで初めて各モードで獲得できる経験値に差がつきそうな感じです。

最序盤PT評価

剣士

どの敵も1撃で倒すことができます。範囲攻撃を持った職業も同様に全ての敵を1撃で倒せるので、相対的に評価が下がる感じでしょうか。

薙刀士

相変わらずの安定感。個人的には薙刀士はPTでから外せない職業NO.1です。

大筒士

散弾銃を持てば前線に出すと敵の前列、後列全てに攻撃を加えることが出来る上に、1撃で敵を撃破できるのではっきり言って最強ですw戦勝点稼ぎに大いに役立ってくれています。

PTの組み合わせ評価

前列に剣士、薙刀士。後列に大筒士を配置していたのですが、かなりいいですね。薙刀士、大筒士でザコ敵を削り剣士で大将等の体力の高い敵を倒すことを想定して、この組み合わせにしたのですが、今のところ想定通り機能しています。

戦勝点も稼ぎやすいし、何より戦闘がサクサク終わります。序盤ではかなりオススメの編成ではないでしょうか:)

攻略日記開始

というわけで、変則的な縛りをしつつ攻略日記を書いていきたいと思います。ブログで日記を更新するタイミングについては、それぞれの祭具を奪還したタイミングでデータを交えつつ、しっかり、じっくり、どっぷりの感想を交えながら、更新していきたいと思います。

ゆっくりとしたペースになると思いますが、最後まで攻略し日記を完結できる事を目標に頑張りたいと思います\(^o^)/

もし面白いなーと感じていただけたら、TwitterやSNSで拡散していただいたり、コメント頂くなどの反応をしていただければ、責任感が出て途中放棄はしないと思いますので、よければプレッシャーをかけて追い込んでください;)

追記

ブログを書き終えた後、本名でプレーしていてスクリーンショットが取れないことが嫌になったので、序盤だったこともありやり直しました。初期ダンジョンは「氷結道」「龍穴鯉のぼり」です。絶対氷結道が入ってくるんですが…。次回からこちらのデータで攻略日記を更新していきます。

おまけ

笑わせてもらいましたwww
鬼才現る!いや、天才かもw

この記事をシェアする

前の記事
次の記事

コメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

この記事と関連性の高い記事