アトピー

お風呂とシャワーから塩素を除去してアトピーを改善させた方法

お風呂の塩素除去アイテム

30歳を過ぎた頃、突然アトピーによる皮膚の炎症が出始めました。

特に頭部(おでこ、前頭葉、ほっぺた)のアトピーによる炎症は酷く、人前に出たくないレベルまで達していました。

アトピーの事をよく理解せず、皮膚科で処方してもらった塗り薬(無知がうえに塗り薬だと思っていたが、ステロイド)を塗って、過ごしていたのですが、逆に塗り薬を塗り忘れた日などは、目に見えて炎症と痒みが悪化し、塗り薬(ステロイド)が手放せない状態に。

これはおかしいと思い、アトピーの事を色々と調べ初め、皮膚科を変え脱ステロイドするとともに、食事制限を行い食生活の改善をしたり、早寝早起きを心がけ生活習慣を改善したり、布団・部屋の掃除に気を使い自分の生活している環境に気を使うなど、アトピーを完治させるため色々な事を改善しました。

色々と調べる中で、水道から出てくる水に塩素が含まれていて、その塩素がアトピーの炎症に良くないことを知ります。例えばシャワーやお風呂に入るとき、塩素を除去できればアトピーの完治は早まるという書き込みが多数あり、Amazonでシャワーヘッドを見てみると、5,000円以内で事足りそうだったので、お財布にも優しく効果がありそうなのでシャワーヘッドを取り替え、お風呂の蛇口には塩素除去ができるノズルを取り付けました。

今ではアトピーは完治していますが、塩素除去は値段的にも安く、お手軽にできて効果の高い施策だと思うので紹介させてもらいます。

関連記事: アトピーの湿疹、かゆみが完治!原因を改善する22の治療法と食事

PR

改善後/改善前

アトピー/脂漏性皮膚炎 改善後
撮影日:2014年7月15日
※「表示」ボタンを押すと、完治する前のアトピー画像(おでこ)が表示されます。自分で言うのもなんですが、割と気持ち悪いので見ないほうがいいかもしれません。

初めに

「塩素除去 アトピー」といったキーワードで、このサイトに訪問いただいた方へ。

シャワーヘッドや塩素除去できる装置をノズルに取り付けたからといって、それだけではアトピーが劇的に改善する可能性は低いと思われます。

食生活や生活習慣の改善など、様々な事を複合的に改善した結果、僕の場合アトピーが完治したと思っています。

せっかく御覧頂いているのに、偉そうな物言いをしてしまい、すいません。

塩素が髪や肌に与える影響

まずは塩素が髪や皮膚に与える影響を調べてみたところ、塩素が水分に反応すると次亜塩素酸と塩酸を発生させることがわかりました。

次亜塩素酸および次亜塩素酸の塩類は酸化剤、漂白剤、外用殺菌剤、消毒剤として利用される。

wikiから抜粋:次亜塩素酸

塩酸(えんさん、hydrochloric acid)は、塩化水素(化学式HCl)の水溶液。代表的な酸のひとつで、強い酸性を示す。

日本では毒物及び劇物取締法により塩化水素原体および10%を超える製剤が劇物に指定されている。
wikiから抜粋:次亜塩素酸

色々なサイトを見て回ったのですが、塩素が肌に悪いと書いてあるものの、理由について突っ込んで書かれているサイトを見つけられなかったので、Wikiを調べてみたところ、塩酸、次亜塩素酸共に消毒や殺菌に効果があるため、皮膚の常在菌(皮膚にとっていい働きをしてくれている)を昇天させてしまう事がわかります。

市販されているシャンプーや石鹸は、ただでさえ殺菌力が強いのにシャンプーや石鹸を洗い流す水も、塩素が含まれていて殺菌力を持っているということになります。うーん実に恐ろしい。

さらに塩素に関する情報を集めていると、嘘か誠かわかりませんが、こんな記述も発見。学会発表と記載があるので、信憑性は高いと思われます。

私は富山大学附属病院で長年アトピー外来を担当させていただきましたが、水泳教室に通い出すと症状が悪化する患者さんがいらっしゃることに気づきました。その犯人が消毒のために水に添加される塩素ではないかと考え実験を行ったところ、アトピー肌の方は残留塩素の影響で肌の乾燥がおこってくることを確認しました。

水道水にも残留塩素が含まれていますので、肌の弱い方は入浴や洗顔の時に対策が必要です。健康な肌の方においても、塩素濃度が高い場合、肌が乾燥することがありますので、肌のかゆみなど皮膚に異常を感じる方は、浄水器を使用するなどなんらかの対策を実施することをお勧めします。

参照サイト:塩素に関する記述

塩素が肌に悪影響を及ぼし、アトピーを悪化させる可能性があることが充分にわかるだけでなく、頭皮においては常在菌を昇天させてしまうため、皮膚にダメージを与え抜け毛の原因にもなりえます。

心の声:塩素除去するぞ!塩素除去するぞ!(;´Д`)

塩素除去シャワーヘッド トレビーノ

シャワーヘッド左向き

シャワーヘッド右向き

※写真のシャワーヘッドに付いているボタン1つで、原水と塩素除去を切り替えられます。

今直ぐにでも塩素除去したい気持ちを抑えつつ、塩素除去可能なシャワーヘッドをAmazonで探してみると、かなり豊富にラインナップがありました。

レビュー件数とレビュー評価を重視しつつ物色していると、「」というシャワーヘッドを発見します。

【レビュー件数:56件でレビュー評価:★4】となかなかの高評価。値段に関しても5,000円クラスのシャワーヘッドが多い中で3,600円と手を出しやすい価格。

1日80L使用で5ヶ月間塩素除去の効果が期待出来るということで、一人暮らしの僕の場合はもう少し長い期間、カートリッジを交換しなくても大丈夫な感じ。交換用カートリッジも1,500円と経済的。

僕の場合、高いものは正義と考えがちな側面があるので、5,000円クラスのシャワーヘッドに心が傾いていたんですが、説明文に記載されている、ある一文を読んで「トレビーノトレシャワー」を買おうと即決します。

その説明文というのがこちら。日本アトピー協会推薦品。

Amazonレビュー抜粋

日本アトピー協会推薦品とのことで、アトピーの私にはぴったりの製品でした。たしかにこのシャワーにすると、傷口(掻き傷)のピリピリ感が軽減します。

ほぼ毎日、風呂に入る(シャワーを浴びる)たびに、痛みを煩わしく感じていたのですが、このシャワーヘッドにしてからは、痛みをあまり意識しなくてよくなりました。

また、風呂上がりにはいつも、乾燥で皮膚が突っ張ってピリピリするのですが、気のせいか、皮膚が乾燥しにくくなったようにも感じます。

塩素は肌の乾燥の原因になるそうですので、乾燥肌で悩まれている方にも効果があるかもしれません。

一度浄水を使ったら、そのままの原水はとてもじゃないですが使えなくなりました。

浄水は臭いがまるでしないし、乾燥肌気味の私の肌にはとても良かったようで、冬場の肌のかさつきもなくなりました。

浄水と原水の切り替えができますので、掃除用には原水を使用できるのもコスト的にも良いと思います。

カートリッジの寿命が一番長かったので選びました。取り付けはとっても簡単でした。

一度利用しての感想ですが、髪の毛のふっくら感とパサつき感がまったく違います。

もっと早くから利用すればよかったと後悔。アレルギーのひっかき傷にもほとんど沁みませんでした。

主人は高水圧シャワーが大好きなので原水と浄水のボタン切り替えがあるのが非常に助かります(気にならない方には気にならないレベルですが若干弱まりました)。

Amazonレビューより抜粋:東レ トレビーノ トレシャワー 浄水シャワー RS51

お風呂の蛇口にバスでピュアピュア

バスでピュアピュア

さてシャワーヘッドは「トレビーノトレシャワー」への変更が決定したんですが、浴槽にお湯をはる蛇口にも塩素除去をするために何かいい商品がないかと思い、さらにAmazonを物色します。

※カートリッジの交換期間は早まると思いますが、交換した「トレビーノトレシャワー」を使ってシャワーでお湯をためるのもありだと思います。

蛇口に取り付けるタイプは種類が少なく「バスでピュアピュア」という商品一択と言える状況でした。

【レビュー件数:41件、評価:★4.5】とレビューでも高評価。

レビュー内容は「トレビーノトレシャワー」と同じような内容なので抜粋を割愛させていただきますが、塩素を除去することで、お風呂に入った時のピリピリ感が軽減されるといったレビューが多く投稿されていました。

バスでピュアピュアも一緒に購入♥

使ってみた感想

アトピーの炎症が酷かった時(最初に掲載した写真のような状態)はお風呂に入ってシャワーを浴びた時にピリピリとした痛みがありました。傷口にお湯をあてた感じが近いかもしれません。

水圧を弱くしてシャワーを浴び始め、慣れてきたら水圧を強める感じでシャワーを浴びていたのですが、シャワーヘッドを「トレビーノトレシャワー」に付け替えて、シャワーを浴びてみると感じるのは水圧による痛みだけで、しみるような痛みをあまり感じなくなりました。

お風呂から上がった時、寝た子を起こすではないですが、お風呂に入って血行が良くなったり、アトピーの炎症部分にお湯があたることで、痒みや痛みを強く感じていました。

お風呂あがりの痛みや痒みをもった炎症に、ホホバオイルを塗ってしばらく時間が経つと痒み、痛みが落ち着くことは知っていたのですが、塩素除去をしたうえでホホバオイルを塗ると、僕の場合すぐに効果があらわれるようになり、辛かったお風呂あがりの辛かった痛みや痒みを感じなくなりました。

Amazon

この記事をシェアする

前の記事
次の記事

コメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

この記事と関連性の高い記事